• 湘南の宝石
  • 2018年江の島シーキャンドルから見る初日の出 招待者募集!
  • トリップアドバイザー
  • 江の島シーキャンドル 動画チャンネル
  • 公益社団法人藤沢市観光協会
  • 社団法人 鎌倉市観光協会
  • 運営 江ノ島電鉄株式会社

お知らせ

江の島シーキャンドル HOME>江の島サムエル・コッキング苑>コッキング氏遺構

江の島サムエル・コッキング苑

コッキング氏遺構 cocking greenhouse monument

コッキング庭園の温室は、明治中期、英国人貿易商サムエル・コッキングが、江の島に造った庭園の一角に巨額の私財を投じて造られました。
大正12年の震災等で温室の上屋は全て倒壊してしまいましたが、煉瓦を主体とした基礎部分や地価に造られた施設が残っていました。

遺構は3棟の南北に長い温室の基礎と東西に長い温室基礎、西洋風のシンメトリーな形の池、それに温室の北側に設けられた付属施設であるボイラー室、燃料を入れた貯炭庫、植物や暖房のために水を蓄えた貯水槽、温室と付属施設とを結ぶ地下通路、冷たい風を遮るための防風壁や集水用陶管などです。
池は最近までのその機能を有し、使われていました。
コッキングはこの池にも暖房用のパイプを通し、熱帯の水棲植物を育てていたようです。

この温室は、明治中期に造られたものとしては国内では最大の規模を有し、スチームによる暖房設備も当時としては水準の高いものであったと思われます。
煉瓦造の温室遺構としては現存する唯一のもので、近代の文化遺産として非常に貴重なものです。
※地下室遺構は不定期公開。

ボイラー室・貯炭庫 鉄管

ボイラー室・貯炭庫

この下にはボイラー室がありました。東側に接している貯炭庫とは地下でアーチ型の入り口によって繋がっており、ボイラー室と温室は地下通路で連絡しています。
外壁には煙突と思われる煉瓦の構造も見受けられます。ボイラー室で暖められた温水や上記は鉄管や鉛管を通じて各温室や池を巡っていました。その鉄管や鉛管がところどころ地面に顔を出しています。
貯炭庫には2つのアーチ型天井に、燃料を投入するための穴が設けられています。
明治30年の「植物学雑誌」の記述から、コッキングの温室には、蒸気の暖房施設があって、温室内は24度内外に温められており、ランやサボテンなどの植物を栽培していたことがわかりました。


地下通路

地下通路

温室とボイラー室、貯炭庫はT字形に設置された地下通路によってつながっていて、行き来できるようになっています。
地下通路の途中にはアクアリュウム(水槽)が二箇所設けられていて、水棲の動植物を飼育していたと思われます。地下通路は幅約1m、高さ1.9mで天井はアーチ型をしており、明かり取りのための天窓も造られています。
左手に見える温室は他の3棟の温室と構造が異なっていて、中央部分に地山を残した造りとなっています。当時の温室のカタログから内のつくりを想像することができます。


貯水槽(上部) 陶管

貯水槽(上部)

この下には、幅約4m、長さ約12m、高さ3m~3.2mの巨大な貯水槽があります。天井は鉄骨で補強されたアーチ型でアーチは9個連なっています。
庭園や温室にとって水は欠くことのできない重要なものですが、江の島に水道が引かれたのは大正15年になってからのことでした。そのため、コッキングは温室の屋根に降った雨水を全て利用できるように温室を設計しました。
それぞれの温室には集水用の枡が設けられ、これに接続された陶管を通って雨水は貯水庫へと導かれるように造られています。貯水槽には、空気抜けの穴や貯水量を測るためのの設備もあったようです。現在でも貯水槽として十分機能します。
陶管には大・中・小の3種類が使用されており、「肥田製」という刻印があるものが見られ、愛知県の常滑で焼かれていたものです。
貯水槽の北側、防風壁との間からアーチ型をした煉瓦構造物が出てきましたが、これらがどこにどのように使われていたものかは判っていません。


池

コッキングの温室には、スチームによる暖房設備が備わっていましたが、コッキングはシンメトリカルにデザインされたこの池の地下にも暖房用のパイプを通し、熱帯の水棲植物を育てていたようです。(熱帯でしか生息できないオオオニバスが路地で栽培されていたと言われている。)
これらの技術は当時としてはかなり水準の高いものであったと思われます。