• 湘南の宝石
  • 2018年江の島シーキャンドルから見る初日の出 招待者募集!
  • トリップアドバイザー
  • 江の島シーキャンドル 動画チャンネル
  • 公益社団法人藤沢市観光協会
  • 社団法人 鎌倉市観光協会
  • 運営 江ノ島電鉄株式会社

お知らせ

江の島シーキャンドル HOME>江の島サムエル・コッキング苑>概要・沿革

江の島サムエル・コッキング苑

概要・沿革 overview

江の島サムエル・コッキング苑の名称は、明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来します。サムエル・コッキングは1882年(明治15年)に私財を投じ、現在地に植物園を造営しました。

サムエル・コッキングの建造した植物園は日本で3番目に古い植物園で、西洋の回遊式庭園の様式を持ちながら、東洋趣味を反映し、現在も残る南洋植物なども持ち込んだ庭園でした。さらに。当時東洋一の規模とされた温室などがありました。

震災等によって失われた部分もありましたが、1949年(昭和24年)に「藤沢市立江ノ島植物園」として開設、1950年(昭和25年)には「江の島植物園」に改名され、2002年の改修・再整備工事まで江の島島内の観光施設として長きに亘り親しまれました。

2003年4月29日、前述の同地に縁の深い「サムエル・コッキング」の名を冠した「江の島サムエル・コッキング苑」としてリニューアルオープンし、現在に至ります。

苑内には、1971年に藤沢市指定天然記念物に指定された「クックアロウカリア」、「シマナンヨウスギ」、「タイミンチク群」、「ツカミヒイラギ」が生育しているほか、様々な種類の椰子や椿などが植えられており、サムエル・コッキングの造営した植物園同様、和洋折衷で南国ムードある作りとなっています。
天然記念物・貴重な植物

沿革

1880年 横浜在住の英国人貿易商「サムエル・コッキング」が妻名義で江の島頂上部の土地を買収
1882年 植物園として開園(日本で3番目に古い)
1885年 温室造営
1923年 関東大震災により、温室倒壊・荒廃
1949年 藤沢市立江ノ島植物園 開設
1950年 江の島植物園に改名
1971年 クックアロウカリア・シマナンヨウスギ・タイミンチク群・ツカミヒイラギが藤沢市指定天然記念物に指定
2002年 改修工事により閉園
2003年4月29日 江の島サムエル・コッキング苑としてリニューアルオープン